« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月23日 (木)

いちご狩り・・・。

最近のパパの大切な日曜日・・・

でも、部活やらなんやらと理由つけて、あんまり遠くへ出かけたり、みんなで遊びに行ったりしてないなと思い・・・

(特にNお、Mおの小さい時は、毎週のようにどこかにみんなで出かけていたよね・・・)

三女りんりん・・・

確かに少ない・・・

『よしっ、パパとママとリンリンの三人でどこかに出かけよう・・・』

リンリンを真ん中に・・・

手と手をつないで・・・

たどり着いたのが・・・

F枝市内のいちご園・・・

Cimg8209_rs

片道15分くらいでしょうか・・・

昔のロングドライブのお出かけとは全然くらべものになりません・・・

でも三女リンリンにしてみれば・・・

パパとママを独占・・・

Cimg8211_rs

お前の楽しそうな笑顔が、パパ、とっても嬉しかった・・・

『行こう!』って言ってよかった・・・

また3人で手をつないで・・・

お前が真ん中で・・・

近くてもいいから3人で出かけようね・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

5人家族の絆・・・。

年末年始で大切な時間を過ごしてきました・・・

パパの一番大切な大切な家族5人で・・・

(ハナちゃんも大切な家族の一員なのですが・・・ハナごめんね・・・犬は飛行機乗れません・・・)

現在は、もうあの時の非日常から、いつもの日常に戻っており、5人がいつもの毎日の中で生活していますが・・・

5人で過ごせたあの1週間は、パパにとって、ママにとってとても感慨深いものがありました・・・

『最後の家族旅行・・・』

おまえたちがまだ小さい頃は、パパとママの都合が会えば、どこへでも行けた・・・旅行も行けた・・・海外だって行こうと思えば行けた・・・

でも、お前たちは成長した・・・

来年、Nおは高2、Mおは中3で高校受験、リンリンは小3に・・・

再来年、Nおは高3で大学受験、Mおは高1、リンリンは小4に・・・

その次の年は、Nお大学1年、Mお高2、リンリンは小5に・・・

考えてみると5人でゆっくりと旅行にいこうとしたら今年が最後かもしれない・・・

いや、最後だろう・・・Nおが大学生になったらパパとママと旅行・・・なんて来るわけがない・・お前たちがもっと成長し、大人になって・・・結婚して・・・それから5人で旅行・・・行けるわけがない・・・

今、その最後の家族5人での海外旅行を終えて・・・

パパは、嬉しい気持ちと寂しい気持ちで揺れている・・・

もうお前たちとあの楽しい時間を過ごせない・・と思うとものすごく寂しい・・・

大切な3人の娘たちがこれからは、成長し、それぞれ個々の道を歩んでいく・・・

そう思うと・・・

でも、あの楽しい時間をパパの一番大切なこの5人で一度でも過ごせたんだ・・・と思うと自分がすごく幸せな男に思える・・・

お正月に5人で海外旅行に行けた・・・一度でも行けた・・・やっぱりパパは、そのことに感謝することに決めた・・・

パパと同じ思いの父親がいて・・・でもお金やら時間やら色々あって行けないと思う人がほとんどだと思う・・・でもパパとママはおまえたちと行けた・・・

パパは、S-KンT工という会社の社長・・・今はね・・・

でもその会社は、30年前にジイジとバアバが作った会社・・・ジイジとバアバが一生懸命に働いてここまできた会社・・・パパとママはその会社の跡を継いだ・・・ジイジとバアバが一生懸命に育ててきた会社を今、パパとママで一生懸命に守っている・・・

パパが会社に戻ってきてから20年・・・その間にジイジとバアバから言葉で教えてもらったこと・・・姿で教えてもらったことをただしてるだけだ・・・

パパがS-KンT工に戻った20年前・・・

そこに何もなかったら・・・間違いなくお前たちと5人で旅行なんて行けなかった・・・

ジイジとバアバがパパにくれた最初で最後の家族5人旅行・・・

パパは、絶対に忘れない・・・

お前たちがパパとママにくれたたくさんの笑顔を・・・

パパとママの一番の宝物であるおまえたち3人と行ったP-KET島・・・

Cimg8160_rs


Cimg8136_rs


Cimg8131_rs


Cimg8062_2_rs


Cimg7968_rs

5人でたくさん撮ったビデオや写真・・・

いつか一緒にお酒でも飲みながら見れたらいいね・・・

 

※最後に・・・

天国のおっかさんへ・・・(バアバへ)

ありがとう・・・

こいつら3人を大人の階段登らせて社会に出すまでもう少し由美(ママ)と頑張るね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »